失格事項

失格事項

下記のいずれかに該当する場合は、失格となります。
失格とは、申し込みの無効、当選の取り消し、あっせん(合格)の取り消し、入居許可の取り消しのことです。

  1. 申込資格がないとき。また、申し込みから入居手続きまでの間に申込資格をなくしたとき。
  2. 申込書、および「市営住宅申込状況確認カード」に不正の記載があったとき。また、必要事項が記入されていないとき。
  3. 一つの定期募集で2件以上の申し込みや、同一人が2世帯の構成員になる場合など、重複した申し込みをしたとき。
  4. 申し込みの世帯構成および扶養関係が不自然なとき。または世帯を不自然に分割・統合しているとき。
  5. 婚姻予定の申し込みで、申し込み後6ヶ月以内に、申し込み時の婚約者と結婚できなかったとき。
  6. 申し込みから入居までの間に世帯構成がかわったとき。(ただし、出生・死亡等やむを得ない異動理由を除く。)
  7. 申し込みから書類審査までの間に、死亡・その他の異動理由によって、単身者となったとき。(ただし、単身入居可能な住宅は除外する場合があります。)
  8. 退職予定の方を含む世帯の申し込みで、入居手続きまでに退職できなかったとき。また、退職を証明する書類を提出しないとき。
  9. 持ち家の所有権移転または建物滅失登記が、入居手続きまでにできなかったとき。
  10. 審査に必要な書類を提出しないとき。また、実態調査に応じないとき。
  11. 住宅困窮者募集(点数選考)への申し込みで、申告の内容と事実が異なっていたとき。
  12. あっせん(合格)した住宅の入居を辞退したとき。
  13. 定められた手続日に所定の手続きをしないとき。
  14. 過去、住宅使用料等の滞納を残した状態で北九州市営住宅を退去し、まだそのままであるとき。
  15. 入居者または同居者が、暴力団員であることが判明したとき。
  16. その他、北九州市と信頼関係を損なう行為があったとき。

申し込み時には必ずあなたの印鑑、および多数回落選者優遇措置を受ける方は、「市営住宅申込状況確認カード」(原本)が必要です。

▲ PAGE TOP